ホーム > ニュース > お知らせ > 9/16(土)トレーラーハウス Yado Car Ritte グランドオープン
資料ダウンロード
資料ダウンロード
見学会予約
見学会予約
無料お見積り
無料お見積り

News

ニュース

News

2023/9/1 |  お知らせ

110年続く工務店がトレーラーハウスをつくったらこんなに楽しいYado Car Ritteになった
~新たな時代の空間利用と土地活用をご提案~


株式会社波多野工務店(本社:江南市草井町、代表取締役:波多野智章、以下 波多野工務店)は9月16日(土)、愛知県江南市草井町に、新しい住まい・暮らしの空間を提供していく、トレーラーハウス  「Yado Car Ritte(ヤド カー リッテ)」のモデルルームをオープンして販売を開始します。

波多野工務店は、『幸せに暮らしたい人々に信用される家を届け続けた110年の歴史』を刻み、1913(大正2)年に宮大工集団として創業してから、個人住宅や、店舗、寺社等、さまざまな建築を手がけてまいりました。

  • トレーラーハウスとは?

横幅3.4m、長さ7~11m、高さ4.1mの箱型で設計されているトレーラーハウスは2時間以内に建物自体を移動できる状態にしておくことが条件となるため、法律上建築物という扱いを受けない、特殊車両に分類される。水道や電気等がワンタッチで脱着可能であるため、固定資産税・建築確認申請の対象外となる。また、建築物では無いことから調整区域にも設置が可能であり、仮設用や一時的な利用といった事業用途にも使用が可能である。

  • なぜトレーラーハウスが注目されているのか?

昨今、居住におけるライフスタイルが変動するなかで、テレワークのための個室や、趣味のための離れなどトレーラーハウスが注目を集めている。車でけん引できる家=トレーラーハウスは、本来建築が出来ない“調整区域”にも設置ができ、これまで土地の制限による土地活用や事業拡大をネックとしていた事業者や地主といった層の新たな活用手段が求められている。他にも消費増税に伴い住宅を購入できる価格帯が上がってしまい、マイホームを持てない方が増えてしまう懸念や、高齢化が進む中で終の棲家としての検が求められている。

箱でもない、車でもない、仮設でもない「人生を楽しむ空間」
Yado Car Ritte

「コンパクトに住める空間がほしい」

「小さな趣味の部屋がほしい」

「週末だけのカフェを開きたい」

「自分だけのテレワークオフィスがほしい」

Yado Car Ritteでは、そんな方のために、暮らし・趣味・仕事という人生を楽しむ瞬間を、
トレーラーハウスという新たな選択肢で、限られた中で最大限楽しむ空間を提供します。

地域の皆様に支えられて、創業110年を迎えた波多野工務店。一般住宅の「家づくり」から公共建築やクリニック、店舗などの建築を通して「街づくり」を行い、たくさんのお客様のご要望に応えてきました。

110年建物作りを行ってきたノウハウを活かして、波多野工務店の新しい住まい方・暮らし方をご提案します。よりたくさんのお客様の「人生を楽しむ」に貢献したいと考えています。

「Yado Car Ritteとは?」

舎:Yadori

車:Car

豊か:Rich

人が使う建物「やど」を、移動可能な「車」で「豊か」に過ごす空間。
それが、Yado Car Ritteです。

Events

愛知県江南市 住居型トレーラーハウス モデル見学会

見学会

愛知県江南市 住居型トレーラーハウス モデル見学会

日程 2024/5/25(土)、26(日)

会場 Yado Car Ritte(波多野工務店 本社)・愛知県江南市草井町南234

Model House

画面上では伝わりきらないトレーラハウスの魅力を体感していただくために、 モデルハウスをご用意しています。
お気軽にお越しいただき、見て、触れて、感じて、トレーラーハウスの心地よさをご体感ください。

             
  • ヤドカーリッテ
  • ヤドカーリッテ
  • ヤドカーリッテ
  • ヤドカーリッテ
  • ヤドカーリッテ
  • ヤドカーリッテ
  • ヤドカーリッテ
  • ヤドカーリッテ